本文へスキップ

薬院英語教室は福岡市の英語専門塾です。

TEL. 092-726-2351

〒810-0022 福岡市中央区薬院2−1−8リアン薬院4F

時事英語で覚える英語

ゼレンスキー大統領のセリフ 混合仮定法

  • 混合仮定法というのは、「仮定法過去完了+仮定法過去」というふうに、時制の異なる仮定法が混じって使われているもので、たまに見かけることがあります。
  • 今回は、2022年3月20日のウクライナのゼレンスキー大統領のセリフから、混合仮定法の表現を取り上げます。
  • Zelensky: ‘If we were a NATO member, a war wouldn't have started
    ゼレンスキー 「もし我々がNATOのメンバーだったら、戦争は始まらなかっただろうに」

    if節の方は、「if+主語+過去形were〜」で仮定法過去の仮定(実際は「現在」の内容)となっています。

    主節の方は、「主語+助動詞would+have+過去分詞started〜」で、仮定法過去完了(実際は「過去」の内容)となっています。
    仮定法過去(if節のほう)+仮定法過去完了という、あまり見かけない、ちょっと変わった混合仮定法の形です。
  • ここでちょっと、仮定法の復習をしておきましょう。
    自信のある方は、飛ばして、下の方の混合仮定法へ進んでください。
  • 仮定法の基本的なパターンは、

    1.仮定法過去

    現在の事実とは逆の仮定をする表現
    です。
    過去形が使われます。

    If+主語+動詞の過去形 〜, 主語+would(should、could、mightなど)+動詞の原形 〜
    「もし〜だとすれば、…だろうに」

    2.仮定法過去完了

    過去に起こったこととは逆のことを仮定
    しています。
    「if+主語+had+過去分詞 〜、 主語+助動詞would(should、could、mightなど)+have+過去分詞 〜」
    「もし〜だったとすれば、〜だっただろうに」


    うえの2つが、仮定法の基本パターンです。

  • さて、「混合仮定法」に話を戻します。
    これは、
    仮定法過去完了と仮定法過去が混合されたものです。

    if節の方が仮定法過去完了で、主節の方が仮定法過去のパターンはときどき入試などで見かけます。

    ≪例文≫
    If my son
    hadn't taken the plane, he would be twenty now.
    もし私の息子がその飛行機に乗らなかったら、今ごろは20歳だったのに。

    「if+主語+had+過去分詞taken 〜、主語+would+動詞の原形〜」となっています。

    飛行機事故で死んでしまった息子のことを回想して、
    「あのときに事故死しなかったら(過去の内容)、
     今ごろは20歳なのに(現在の内容)」

    と言っているわけです。

    if節の方は、「過去」の事実とは逆のことを仮定して、
    主節の方は、「現在」の事実とは逆のことを言っています。

    ◆◆ミニテスト  正しいものを選びなさい。
    文の形をよく見て、また内容がいつのことなのかをよく考えて、見誤らないようにしましょう。

    If I had gone to bed earlier last night, I wouldn't ( 1.be 2.have been 3.had been 4.have ) sleepy now.
     答えは一番下へ

  • さて、ゼレンスキー大統領のセリフは、上と似てはいますが、if節の方が仮定法過去で、主節の方が仮定法過去完了という、まれなパターンです。

    Zelensky: ‘If we
    were a NATO member, a war wouldn't have started
    ゼレンスキー 「もし我々がNATOのメンバーだったら、戦争は始まらなかっただろうに」

    おそらく皆さんは、「NATOのメンバーだったら」の部分も、仮定法過去完了のはずではないかと思うことでしょう。

    ‘If we had been a NATO member, a war wouldn't have started’
    「もし我々がNATOのメンバーだったら、戦争は始まらなかっただろうに」
    ではないかと考えると思います。

    ここがちょっと難しいところですが、「我々がNATOのメンバーではない」というのは、過去も現在も変わりのない不変の事実なので、こういうときは、if節の方は仮定法過去を使います。

    他の例文をあげてみます。

    ≪例文≫
    If I
    were you, I wouldn't got married to such a nasty man.
    もし私があなただったら、あんないやな男とは結婚しなかっただろう。

    これも、「私があなたではない」という事実は、過去も現在も変わらない不変の事実なので、仮定法過去で表現します。


  • ミニテストの解答
     1  
     訳 昨夜もっと早く寝ていたら、今ごろ眠くないだろうに。


バナースペース



コロナ対策


英検合格者



メイル

薬院英語教室

〒810-0022
福岡市中央区薬院2−1−8リアン薬院4F


地図

TEL
092-726-2351

営業
火曜から金曜の夕方 (変更あり)
おいでの方は必ず事前にご予約ください。

授業時間以外はエレベータが停止しております。
sitemap





福岡市の英語塾 オンラインドリル
ウインドウズ(win8以上はデスクトップモードのみ)で、インターネットエクスプローラでしか動きません。