本文へスキップ

薬院英語教室は福岡市の英語専門塾です。

TEL. 092-726-2351

〒810-0022 福岡市中央区薬院2−1−8リアン薬院4F

中村学園女子中学校の英語は「ケンブリッジイングリッシュ」

中村学園女子中学校 情報が少し古いかもしれません

  • 2018年入学生は、「ケンブリッジイングリッシュ」という、外国で出版された、すべて英語で書かれているテキスト使用です。
    オール英語で、早くにthere is構文が出てきたり 、I've got a car.などという表現が出てくるため、一般的な日本の英語カリキュラムとは違いがいろいろあり、初めて英語を学習する生徒にはかなりハードルが高いです。授業もネイティブと日本人の先生とで行われるそうです。
  • 中村学園女子中学校に進学予定の小学生は、小学時代から英語はしっかり読み書きまでやっておいて、下地を作っておいた方が楽でしょう。
    日本語で書かれた一般的な中学英語の参考書で文法に沿った学習をしておかないと、学校英語だけでは文法事項があいまいなままになる恐れがあります。
  • 英語で英語を指導する、というのは、理解の速い生徒には良いですが、実際には、よくわからないままになってしまうことも多いです。

中村学園女子中学 生徒保護者体験談

  • 娘が中村学園女子中に合格しましたが、学校の英語について調べれば調べるほど、入学もしないうちから、ついていけるかどうか不安になっていきました。
    私立中対応で、かつ中村学園女子中のような特殊な英語のカリキュラム(ケンブリッジイングリッシュを使用)にも対応してくださる塾はなかなかなく、諦めかけていたときに、薬院英語教室にたどり着きました。
  • 薬院英語教室では、学校で使用するのと同じテキストを海外から取り寄せてくださったり、インターネットドリルでテスト対策もできるようになど、先生からきめ細かい対応をしていただいています。
    おかげで、学年でもトップクラスの成績が取れて、娘は、英語を得意科目とすることができました。
  • 中村学園女子中学校では、英語の授業は毎日あり、土曜日もあります。外国人の先生と日本人の先生の2人体制で、授業が行われています。
    英語は英語専用教室があり、掲示物も英語になっているそうです。娘が言うには、授業中はほぼ英語のみで、たまに日本語を話す程度だそうです。
  • 英文法も体系的に学んでおり、iPadを使用して、長文読解の練習も行われるそうです。最初は短文から読み進め、最後は長文になるという、段階式のシステムで、生徒たちが各自の能力に合わせて読み進めていくようになっており、将来的には長文読解に繋がるのであろうと思われます。
  • 中村学園女子中の英語学習は、日々の積み重ねが大事にされているという印象を持っております。



バナースペース



薬院英語教室

〒810-0022
福岡市中央区薬院2−1−8リアン薬院4F


地図

TEL
092-726-2351

営業
火曜から金曜の夕方 (変更あり)
おいでの方は必ず事前にご予約ください。

授業時間以外はエレベータが停止しております。
sitemap






ウインドウズ(win8以上はデスクトップモードのみ)で、インターネットエクスプローラでしか動きません。