本文へスキップ

福岡市中央区の学習塾、英語専門塾、薬院英語教室

電話でのお問い合わせはTEL.092-726-2351

〒810-0022 福岡市中央区薬院2-1-8 リアン薬院4F

薬院英語教室

各種質問コーナー その1

目次(クリックするとそこへジャンプ)

貴塾ではとても成績が上がるとクチコミで聞いたのですが、何か成績アップのコツがあるのでしょうか。成績を上げるために、家庭でもできることは何かないでしょうか。

  • 成績アップにはまず、できないところをできるまで繰り返し練習することです。簡単なことに見えますが、これを自分で実行している生徒はほとんどいません。
  • 問題集をやったら、×をつけたところのやり直し学習から、実は学習が始まるのですが、そんな面倒なことをする生徒はほとんどいません。当教室では、この作業に非常に時間をかけています。
  • できなかった問題は日時を ずらして、丸が3回取れるまで やりなおすだけで、 成績はかなりアップします。
  • また、問題集に出てきた英文に和訳がついていれば、なるべく全文英作文できるまでやることです。 英作文は、実力をもっともつけてくれます。英検のような選択式の問題ばかりやっているようでは、真の力はつきません。全文英作文を徹底的にやると実力がつきますし、英作文ができれば英会話もできます。
  • 当教室では、繰り返しトレーニングのためには、紙媒体よりも、パソコンやインターネットドリルを利用しています。これが、当教室が成績アップ効果が高い理由です。そのために、教室独自で、インターネットドリルのシステムを開発し、特許も取得しました。
    パソコンのシステムを使うと、個人別にできない問題を保存して、繰り返し繰り返し練習させることが簡単になります。人間の記憶は、時間とともにどんどん失われていきますので、日時をずらして繰り返し練習しないと、できていた問題もすぐにできなくなってしまいます。
  • 他に、家庭でできることは、まず生活の基本的しつけをきちんとしていただくことです。
    日常生活の中で、責任感や忍耐力など、身につけるべきことが身についていないお子さんは、学習もなかなかうまく行きません。
  • 具体的には、文字はきれいに書けるでしょうか。日本語も英語もです。
    座っているときの姿勢は背筋がきちんと伸びていますか。
    文字が汚かったり、だらしない姿勢で座るお子さんは、ほとんどが成績が伸びません。
    逆に言うと、文字をきれいに書くように指導するだけでも、成績は伸びます。
    日常生活の基本がきちんと身についている生徒さんであれば、必ず成績も良いです。 生徒たちが座っている後ろ姿を見るだけで、教師には、テスト成績がわかります。
  • 文字を日本語も英語も きれいに書くこと。 座った姿勢を良くすること。

福岡雙葉中学と筑紫女学園中学とどうちがうでしょうか。

  • 英語に限れば、雙葉の英語のほうが、中1と中2のうちは、ニュートレジャー教科書を使用するため、難度が高いです。 ニュートレジャーは、市販の補助教材がないので、学習しにくく、よく準備してから進学されるのが望ましいです。
    また、雙葉小学校で長らく英語をしていた生徒が多いので、中学進学時には英検3級や準2級程度は取得している生徒が多く、全体に非常にレベルが高いです。学校全体が英語に力を入れている雰囲気があり、英会話などにも筑女より力を入れているようです。
  • 筑紫女学園中学は、教科書が検定教科書ですので、ガイド本やワークブックも市販されており、自学自習しやすいです。
    ただし、中3の6月くらいになると、高校教科書に入り、高校英語がスタートして急に難しくなります。高校教科書のグラマーでは、文法を体系的に学べるため、知識の整理がしやすく、ニュートレジャーよりも能率良く高校英文法を身につけられます。
    福岡雙葉だと、高校教科書のグラマーは高1からですので、筑女中より1年遅れで高校グラマーに入ることになってしまいます。
    なお、筑女も雙葉も、成績上位と下位の差がかなり大きいようです。
  • 雙葉は少人数でこぢんまりしていますし、筑女はかなりの大人数です。英語は成績ごとにクラス分けされることもあります。

西南学院中と福大大濠中と両方合格しましたが、英語から見たら、どちらに行った方がいいでしょうか。

  • 福大大濠中は、ニュートレジャー使用で、かなり難しめの教科書です。ニュートレジャーは、市販の補助教材がないので、学習しにくく、よく準備してから進学されるのが望ましいです。
    他にラジオ英会話などの聴取もあり、質・量とも、中1中2のうちは、大濠中のほうがかなり負担が重いです。 中学入学時で、英検3級程度は取って入学したほうが無難です。
  • 西南学院中は、検定教科書ワンワールド使用ですので、中1中2のうちは易しめです。
    英語教科書の量だけ見ると、大濠中のほうが、西南学院中で使用している教科書の5倍くらいあります。
  • 西南学院中学は、中3後半から高校内容に入り、高1から高校リーダーとグラマーが始まり、大濠中よりややゆっくりめです。 ただし、年度によって進み具合にかなり差があります。
    最近は、以前より易しくなっています。
  • いずれの学校に行かれても、こつこつと学習する姿勢がないと、たちまちついて行けなくなります。
    上のような難度の高いものも簡単にこなしていくような優秀な生徒たちもたくさんまじっており、進学前によく準備して進まれた方がいいです。
     

小学校から何年間も英語を習っていて英検3級も持っているのに、中1の初めの定期テストが悪くて、驚きました。中学でいい成績がとれると期待していたのに、がっかりです。どうしたら良いでしょうか。英語の塾にも体験で行かせましたが、簡単すぎてつまらない、中学から始めた人といっしょにしたくないなどと言って、行かないと言います。

  • 小学校時代に英会話を習っていて、けっこう難しい英語まで理解できるのに、学校のテストになると全然できないというのは、よくある話です。 当教室でも、英検3級や2級を持って入会してきた生徒さんが、中1英語初めの基本文も書けないというような経験が多く、英検の級はあまり当てにならないと考えております。
  • 小学生向けの英語では、子供が嫌うようなことはあまりさせません。
    英単語をこつこつ覚えさせたり、英文を正確に書けるように繰り返し書いて覚えさせる、というようなことをしますと、子供はいやがってやめてしまいます。
    というわけで、聞いてわかる、読んでわかる、間違っていても指摘しない、程度の楽しくてきつくない授業だけですませていることが多いです。
    また、英検は、選択問題がメインで、勘が良ければけっこう合格点に達してしまいます。また合格点自体もかなり低い(6〜7割程度)です。
  • ところが、中学校のテストは記述させる問題が多く、完璧に書けないと得点できないという、完璧主義のものがメインです。こういうテストだと、そこそこわかってはいても、全く得点できませんので、成績が悪くてびっくりということになります。
    それでも、リスニング力などは、幼いほどよく身についているはずなので、子ども時代からやっていた生徒さんは、将来リスニングが得意になったりします。そういう点を評価して長い目で見てあげてください。
  • ご相談の内容の対策としては、やはり家庭教師なり、個別的な塾で、書き方に力点をおいた指導を頼んでください。そのときに、英検3級を持っているというようなプライドは捨てて、一からやるつもりで、謙虚な姿勢を持たないといけないことをお子さまによく説明しておくことが必要です。
  • なお、小学校英語を習うかたへのアドバイスですが、書き方や文法まで、きちんと指導してくれるところで習っておいたほうが、中学英語で苦労せずにすみます。
    もしくは、英語に親しむという目的にしぼって、中学英語とは別物と割り切ってください。リスニングのように、若いほど力がつきやすいものの訓練は、幼いほどいいですし、将来役に立つはずです。
  • また、小学校で英検何級を取ったということを競うような風潮がありますが、お勧めできません。上記のように英検は、英作文などの記述問題は少なく、選択式がメインで、不正確な知識でも合格してしまいます。あいまいな知識のまま級ばかり追い求めると、合格はしていても実質的な力はないということになりがちです。読み・書きなどの総合的な力をまんべんなくつけるようにしましょう。
  • 小学生なら、英検3級くらいがちょうどです。中学生用の文法・英作文問題集で、きちんと英文が書けるかの確認をしてください。英検3級を取っていて、中3用の英作文問題集できちんと正解できるようなら、中3の力がついています。もしできないようなら、できないあたりの問題のトレーニングをするべきです。次は準2級をと、先を急ぐべきではありません。そもそも準2級は高校基礎レベルですので、高校基礎文法を体系的にきちんとマスターしてから、その結果として受験してください。準2級問題集ばかりをやって合格したのでは、本当の実力はつきません。
  • 小学生が2級に合格、などということを売りにしている塾があったら、ご注意ください。本当に高校2年くらいのレベルの実力が身についているならすばらしいことですが、リスニングで得点していることが多く、正確な知識に裏打ちされた力はついていないことが多いです。
    英検何級を持っているかを自慢するのではなく、中学や高校の文法や英作文、読解などの学習をだいじにしてください。
      

うちの子はパソコンとか使えないのですが、こちらの教室で大丈夫でしょうか。パソコンを使った授業で本当に効果が出るのでしょうか。

  • まったくご心配いりません。
    子供は覚えが早くて、1日ですぐに使いこなせるようになります。当教室には、パソコンの英語ゲームなど楽しいものがたくさん用意してあります。紙と黒板だけの教室に比べて、パソコン利用の多様な教材が用意してありますので、生徒さんはとても楽しいそうです。
  • 当教室では、教師による授業の補佐としてパソコンは利用しております。
    パソコンになじみのない方は、上記のような疑問をお持ちになるかもしれません。パソコンの場合、まちがえた問題のやり直し学習や、できない部分の繰り返しトレーニングなどがやりやすいので、テスト対策としては、紙のワークブックよりはるかに効果が高いです。
    たとえば、ケアレスミスでたくさん失点してしまう、というような場合は、非常に効果が出ます。
    また、インターネットで家庭からも練習できますので、教室の授業だけでは足りない部分を補うのに、非常に効果があります。 当教室生のなかには、1ヶ月程度でテストが50点くらいアップする生徒がでますが、それはこのようなトレーニングで繰り返しトレーニングを積むおかげです。
  • ただ、ご本人がまじめにやらないことには、上のような効果は望めません。パソコンは繰り返しトレーニングに 効果あり
  • 当教室では、パソコンは20年くらい前から使用しており、ネット時代を予見して、2001年くらいからインターネットドリルの独自開発をスタートさせました。最近、ようやく学校などで、タブレットの使用などが広まりつつあり、電子教科書が使用されるようになったようですが、小・中・高の教育環境は時代にずいぶん遅れていて、非効率的だと感じております。

うちの子の学校は私立中で、公立中とは進み方がかなり違うらしいのですが、近くの塾は公立中向けの内容しかないので、そこで大丈夫でしょうか。

  • お勧めできません。
    公立中向けカリキュラムではすぐに学校の進度とのずれが大きくなります。
    ラ・サールなどの難関高校受験生向けコースであれば、私立中並の内容でしていることもありますので、そういうクラスに入った方がいいです。
    公立中学校のカリキュラムに合わせているところでは、復習しかできなくなりますので、よくカリキュラムをご確認になったほうがいいです。
    公立中生しか教えた経験のない先生のなかには、ニュートレジャーやプログレス教科書を見てびっくりされるかたがおられるほど、中高一貫の英語は難しいです。
  • 私立中の方は、私立中向けのコースを最初から選択なさってください。
    わからなくなってしまってからでは、取り戻すのは、たとえ私立中専門塾でもそう簡単ではありません。

私立中1年の息子です。1学期の期末テストで、びっくりするような点数に下がってしまい、こんなとは夢にも思っていませんでした。プログレスなので、入学前からやっておいたほうがいいと人から聞いていたのですが、初めから塾に行かない方がいいと学校からアドバイスを受けたし、中1のうちくらいは大丈夫だと思っていました。とにかく学校の授業が早すぎて、ついていけないらしいです。
学校から毎日たくさん宿題が出ており、よくやってはいるのですが、息子の宿題を見ると、動詞とか複数形とかさっぱりわかってなくて、でたらめもいいとこです。単に書いて提出しているだけの話で、まちがいだらけなので、これはまずいとあわててます。
学校では検印だけ押してもらってきてますが、学校でまちがったものをやり直させて練習させてはいないので、息子はまちがったままになっているだけです。家でやり直すようにと言っても、「学校の宿題があるから忙しい」の一言。結局けんかになってしまい、こんなふうで中2、中3とやっていけるのだろうかと考えこんでしまいます。
学校では、中2、中3でついていけなくなった退学者が出ているそうで、心配です。

  • 私立中進学者ではよく聞くお話です。
    まず一番の問題点は、宿題に追われていて、それに時間を取られているわりに、本当の勉強になってない点です。学校の宿題は、学習内容を身につけるためにうまく利用すべきなのですが、答えが不正解のままほっておくというのでは、時間が無駄になり、もったいない話です。
  • このまま本人任せにしていても、学習の実効はあがらないでしょう。息子さんは今、目の前にある山のような宿題を提出することしか眼中になく、親の言うことには聞く耳を持たない状態でしょう。
    宿題の効果を上げるためには、しばらくプロの力を借りた方がいいです。個別指導で、学校の宿題をこなすのを手伝ってもらうのと同時に、その内容が身につくような指導をお願いしてください。まちがった問題をきちんと理解して、やり直して、自力で解けるまで指導してもらってください。
  • 私立中は、宿題の量が非常に多く、宿題に追われているというのが実情です。
    宿題に追われるばかりで身につける時間がない、やりっぱなしで間違いを正していく時間がない、ますます宿題に時間がかかるようになる、という悪循環に陥ってしまうと、生徒にはつらい日々となってしまいます。
    ある程度先取りで学習しておいて、学校の宿題も短時間で正解できる、というような余裕のある状態に持って行っておかないと、宿題に追われるだけで実のない時間を浪費する、というケースがよくあります。
    早く好循環状態になるように、しばらくの間はプロの手を借りられることをお勧めします。
  •      
    ご質問のある方はどうぞ。このページでも採用させていただきます。

information

薬院英語教室

〒810-0022
福岡市中央区薬院2-1-8 リアン薬院4F  地図
営業 火曜から金曜の夕方 変更あり
TEL.092-726-2351
sitemap


おいでの方は必ず事前ご予約お願いします。
授業時間以外は閉まっております。









地図・アクセス方法
質問コーナー 
福岡の私立中英語情報
英語教材いろいろ