本文へスキップ

薬院英語教室は福岡市の英語専門塾です。

TEL. 092-726-2351

〒810-0022 福岡市中央区薬院2−1−8リアン薬院4F

時事英語で覚える英語

トランプの演説

  • トランプ大統領が、2017年9月19日に国連で初演説をして、北朝鮮を猛烈に批判しました。そのときのセリフのなかに、受験英語で頻出の熟語が出てきますので、今回はそれを取り上げます。

  • The United States has great strength and patience, but if it is forced to defend itself or its allies, we will have no choice but to totally destroy North Korea.

    <直訳>合衆国は、偉大なる強さと忍耐力を持っているが、もし合衆国自身や同盟国を防衛するように強いられたら、我々は北朝鮮を完全に破壊する以外の選択肢はない

    <意訳>合衆国は、偉大なる強さと忍耐力を持っているが、もし合衆国自身や同盟国を防衛
    せざるをえないなら、我々は北朝鮮を完全に破壊するしかない。
  • ●文法ポイント1
    ・have no choice but to不定詞
     「〜する以外の選択肢はない」

        <意訳>「〜するしかない」

    この熟語の最大のポイントは、「but」には「〜以外」という意外な意味があることです。大学入試英語の重要熟語のなかには、「but」が「〜以外」という意味を持つものが多いです。


  • なお、この文の不定詞の部分には、totallyという副詞がまず来て、その後ろに動詞のdestroyが続いています。不定詞というと、「to+動詞の原形」という形だと思っている学生が多いですが、副詞のほうが先に来ているこのような形もときどき見かけます。
  • ●文法ポイント2
    force+目的語+to不定詞 
    「目的語に〜するように(力ずくで)強いる」

    forceは、「強制的に目的語に何かをするようにさせる」場合に使います。
    これが受動態になると、「be+forced to不定詞」(〜するように強いられる)となります。意訳して、「〜せざるをえない」となります。
  • 別の例文
    You don't know what to do but run when all you hear is a gunshot like that.
    <直訳>聞こえるすべてがあのような銃声のとき、走る
    以外に何をするべきかわからない。
    <意訳>あんな銃声しか聞こえないときに、走るしかない。


    2017年10月1日のラスベガスでの銃撃事件の生存者のセリフです。
    ここでも
    「〜以外」という意味のbutが使われています。



バナースペース



薬院英語教室

〒810-0022
福岡市中央区薬院2−1−8リアン薬院4F


地図

TEL
092-726-2351

営業
火曜から金曜の夕方 (変更あり)
おいでの方は必ず事前にご予約ください。

授業時間以外はエレベータが停止しております。
sitemap









ウインドウズ(win8以上はデスクトップモードのみ)で、インターネットエクスプローラでしか動きません。