本文へスキップ

薬院英語教室は福岡市の英語専門塾です。

TEL. 092-726-2351

〒810-0022 福岡市中央区薬院2−1−8リアン薬院4F

修猷館高校について

公立中から公立高校へ進学する際のアドバイス

  • 公立高校進学校(筑紫丘や修猷館など)に入学しますと、公立中レベルからいきなり、大学受験レベルの学習となり、大きな隔たりがあります。当教室でも、筑紫女学園中や雙葉中から、筑紫丘高校などへ進学した生徒がいますが、私立中レベル(1年先取り)で学習していてちょうど良かったようです。
  • 公立高校と公立中学との落差が大きく、高1でついていけない生徒がかなり出ます。対策としては、カリキュラムにゆとりのある中学時代に、1年先取りしておくことです。
  • 公立高校に入ったとたんに急激に難しくなりますので、中学時代には英語が得意だった生徒でさえ、高校入学後に、ついていけないということが多いです。
  • 修猷館高校では、高1の1学期でさえ、副読本や大学受験用の長文読解ワークブックが何冊も渡され、自分で辞書を引きながら、読解していかなくてはなりません。中学時代に先取りして、速読・多読の練習を積んでいない場合、とてもこなせないということになります。公立中学時代に、1年分先取りで、英語をやっておくことが必要です。
  • 高校進学が決まりましたら、入学前の時間をむだにせずに、英文の多読練習や、高校英語の予習などをしておいたほうがいいです。
    中学では、「まだ習っていません」で通りましたが、高校になれば、未習の物でも、どんどんテストで出されます。

体験談 修猷館高校生

公立トップ高のレベルには、中学生のうちから、先取りが必要です。
修猷館高校生。

  • 私はぶじ修猷館に合格できました。公立高校の受験においては、普通の勉強でもあまり困ることはありません。
  • しかし、修猷館では2週間に1回単語テストがあり、普段からたくさんの宿題が出て、中学の頃のレベルから大幅に上がります。
    また、連休や長期休暇の際には、副読本が渡され、自分で読み進めなければいけません。それで、中学生のうちから自分でコツコツ英語の勉強を進めていくことが必要になります。しかし、自分一人で進めるには限界があります。
  • ここの教室には、たくさんのテキスト、教材、副読本があり、先生がしっかり指導してくださいます。
    私は中1最初から通っていたため、中学の頃は、テストでほぼ満点近くをキープでき、今もあまり英語に関して困っていません。
  • 今、公立トップ高を目指している人たちはぜひ、早くから高い意識を持ち、ここの教室に通ってみてください。きっと英語の成績が格段に上がり、高校でも学年トップを狙えます。


バナースペース

薬院英語教室

〒810-0022
福岡市中央区薬院2−1−8リアン薬院4F


地図

TEL
092-726-2351

営業
火曜から金曜の夕方 (変更あり)
おいでの方は必ず事前にご予約ください。

授業時間以外はエレベータが停止しております。
sitemap









ウインドウズ(win8以上はデスクトップモードのみ)で、インターネットエクスプローラでしか動きません。