本文へスキップ

福大付属大濠中学校の英語の難度や学習法

TEL. 092-726-2351

〒810-0022 福岡市中央区薬院2−1−8リアン薬院4F

福大附属大濠中学校の英語

福大附属大濠中【極めて難】

     
  • 大濠中は福岡市内でもっとも難しいカリキュラムです。当塾は大濠中の生徒さんが多い英語塾で、下記は、生徒さんからの情報でわかる範囲の内容です。
  • Z会発行「ニュートレジャー」という教科書を主に使用。中高一貫校向けで、難度の高さが評判の教科書です。stage1からstage3までの3冊を中学卒業までにやります。よくマスターできれば、高い実力がつけられます。
    問題集シリウス21も併用。ラジオ基礎英語も聞くことが義務づけられ、定期テストで出題されます。中2後半から、高校用グラマー教科書もスタートし、実質高校レベルとなります。
    学習量が多く、これだけマスターできれば、高い実力がつきます。

  • 定期テストでは、記述させる問題が多いので、正確に英作文できる力を養成しておかなければ、得点できません。小学校時代に、英検などを取得していたとしても、英検は選択問題がほとんどなので、英作文力はついていないことが多く、ゆだんなく準備しておく必要があります。
  • 使用教材だけでもニュートレジャー、シリウス21、ラジオ基礎英語、単語集、ニュークラウン教科書と何冊もあります。これらすべてのテスト範囲から、ぼうだいな量が出題され、英語で記述させるものが多いので、すべての教材を書けるところまで記憶しないと得点できません。能力が高い生徒以外は、消化不良になるでしょう。
  • 学校で習ったことはコツコツと練習していく勤勉さがなければ、たちまち低成績に苦しむことになりますので、入学前から十分な心構えと準備が必要です。
    中1最初の定期テストでは100点もいれば、20点台もいるそうで、しょっぱなから大差がついているそうです。(実例はこちら)
  • 定期テスト対策には、英作文をメインに学習するといいでしょう。完全な文が書けることを目標に学習すれば、高い実力がつきます。
    九大合格できるくらいのレベルの生徒向けのカリキュラムです。
  • 小学校から英語を相当やっている、英検3級や準2級くらいは取得済みの生徒たちが多数入学してきます。当塾生徒によると、中1入学時点で、3級持ちがクラスに10人から15人くらい、2級持ちすらいるそうですので、そういう生徒たちでちょうど良いレベルと考えた方がいいです。
  • また、未習の内容のものが宿題として出されたり、実力テストで出されたりします。2020年度の中1夏の実力テストでは、長文読解が出ており、なかに過去形、動名詞、最上級など未習の物がたくさんまじっていて、学校の勉強しかしていない生徒には読みこなせないはずです。
    「テスト成績が悪い」と言って、親子で悩むことになりますが、そもそも並の生徒に解けるはずのない問題が出題されているわけです。

    点数にこだわるのはやめて、中学生の基本事項をきちんと身につけることを目標にして、割り切ったほうがいいでしょう。
  • 高いレベルの教材に挑戦していく気概と根性のある生徒にとっては、レベルを引き上げてくれますので、とても良い環境です。学校よりも1年程度は先取りして自主学習しておく必要があります。中学で英検2級レベル(高2レベル)の学習となり、定期テストなどでも、このレベルのものがたくさん出題されます。
    2020年度末は、中3で、英検準1級(大学生レベル)が3人、2級(高2レベル)が45人、準2級(高1レベル)が100人近くいたそうで、すごいレベルです。
    良く学習できた生徒は、大学入学共通テストなども中3終わりには解けるようになり、成績上位生はすばらしい実力を身につけられます。
  • このような生徒たちにとっては、すばらしい学習環境ですが、成績が低位の生徒の場合には、塾に通ってさえなかなか挽回できず、能力をはるかに超えた学校のレベルに苦しむだけとなります。
  • 当教室にも、中1の2学期あたりにはもう赤点レベルになった方たちが次々とご相談に来られますが、成績が悪化してからあわてても、挽回するのはかなり大変です。大濠のレベルは、後から簡単に追いつけるようなものではありません。くれぐれもこうならないように、入学前に相当なトレーニングを積んでおいてください。
  • 進学予定の方は、小学校から英語はスタートして、英検3級程度は取ってから進学したほうがいいです。中学英語程度は一通り身につけて進学した方がいいでしょう。中学入試があるからと英語の学習をストップするのではなく、ずっと継続して学習した方がいいです。
  • そこまで余裕がない場合でも、入試合格後にただちに当教室の入門コースで特訓してから入学すれば、良いスタートが切れるでしょう。1月から募集しておりますので、ただちに90時間程度の特訓コースにご参加なさってください。このコースからスタートした生徒さんは、トップクラスの成績になる方がよく出ますが、やはり元々の能力が高くないと好成績は出ません。なかなか綴りが覚えられないというような場合は、出遅れる可能性が高いので、要注意です。

大濠中入学前の宿題のやりかた

  • 入学もしていないうちからもう英語の宿題がたくさん出ます。
    一般動詞やbe動詞の問題まで出題されますので、入学後はいかに進行が速いか、予想できると思います。
  • 宿題ワークを子どもだけでどんどんやらせてしまうと、自己流で答えをどんどん書いて、変な癖がついて直せなくなります。子ども任せにせず、保護者の方が字の形や間隔などしっかりと見てあげてください。
    英語の文字の書き方に慣れていない子供は、大文字小文字の高さを混同していたり、単語と単語の間のすきまを十分空けずに書いてしまったりしがちです。指導者のいない状態で、まちがったままどんどん進めてしまわないように気をつけてください。英語は、初めの文字の書き方がとても大事です。
  • 書き方と成績はほぼイコールと思ってください。赤点になってしまってから当教室にご相談に来られる生徒さんは、ほぼ例外なく、文字の書き方が雑です。
  • ペンマンシップについて
    筆記体まで書かせる宿題が出ますが、ブロック体がよくできない生徒もいますので、ブロック体がしっかり身についてから筆記体はしてください。
    筆記体は最近はあまり使用しません。するのは宿題提出の直前でいいです。実際に学校に進学してから筆記体で書く必要はありませんし、入学前の生徒が筆記体など練習する必要はないと思います。
  • ブロック体の練習では、付属のCDは聞かずに書くだけの生徒もいますので、まずはしっかりCDを聞くことから始めてください。音声面をしっかりやってから書くことは始めるべきです。最初の1週間程度は、文字は見ずにCDだけ聴いてまねする練習からスタートして、それから文字の練習をスタートしましょう。えんぴつを「ペンシル」、学校を「スクール」などと発音することが絶対ないように気をつけてください。カタカナでは表記できませんが、「ペンソー」「スクーォ」と聞こえるような発音が正しい発音です。
  • 書くときに、単語と単語の間のすきまを空けずに書く生徒が非常に多いです。ここをしっかり親御さんは見てあげてください。また、罫線にきちんと文字が入って正しく書けるかは非常に重要です。でこぼこしたような文字を書くような場合は、要注意です。文字が汚い場合は、ほぼ成績も伸びません。文字をきれいにきちんと書く練習に注力してください。正しくない書き方を放置すると、後で修正することは困難になります。
  • 入学前の宿題の英語問題集について
    be動詞から一般動詞まで一通りやらせられますが、生徒が自学でできるかいささか疑問です。発音などが自己流にならないように気をつけてください。問題集をする前に、
    ニュートレジャーのCDをよく聞いて、まねしてリピートする練習をするといいでしょう。そのときに教科書は見ないようにしてください。見ると発音が悪くなるからです。よく練習してから、最後に教科書を開いて、音読を始めるといいです。詳しくはニュートレジャーの学習法へ。
  • 入学前の勉強法
    「ラジオ基礎英語1」の4月号の
    CD付き版をアマゾンなどで購入して、ひたすら聴くといいでしょう。中学に進学しても、ラジオ基礎英語は課題として出ます。解説も詳しく、とても良い教材です。ひたすら聴いてまねをして言うことを繰り返してください。そのあと書く練習に入るといいです。なお、大濠中の定期テストでは、このラジオ基礎英語がテストで出ます。リスニングして書かせる問題が多いので、この本はまるまる一冊書けるくらいまで練習する必要があります。
  • 中1最初の定期テストでも、単語が相当量(ある年度は700単語くらいが出題範囲で覚えるのが大変でした)出ますので、今のうちからつづりを覚えておくと楽でしょう。ただ、自力で学習する生徒さんはとにかく発音によく気をつけて、自己流にならないようにCDをよく聴いてまねするようにしてください。

大濠中か西南学院中学か

  • カリキュラム的には、大濠中のほうが量が多く、使用教科書のニュートレジャー教科書他も難度が高く、負担が大きいです。
    中3後半になりますと、西南学院中のほうも高校1年向けのカリキュラムに近くなります。
    大濠中のほうが、難度は上で、バリバリ勉強したい人には向いていますが、生徒が身につけられずに消化不良になるだけだとしたら、レベルの高さは無意味になります。生徒さんの性格などに合わせて選ばれるといいでしょう。


  • 当塾は、数少ない「中高一貫校生向け」英語専門塾です。
    入学が決まったら、ただちに英語入門コースにご参加ください。
  • 当塾では、入学前に、中高一貫向けに、一学期内容は読み書きできるまで、基礎力をつけておきます。
    入学後の学習がスムーズに行き、英語で困ることのない楽しい学園生活を送れます。
  • 英語入門コースから参加した生徒さんの多くが、学校テストで好成績をキープしており、学年トップやクラストップが出ております。
    多くが英語が得意科目になっておりますが、大濠中のレベルは九大狙いくらいのレベルであり、生徒さんご自身の生来の能力と努力とがなければ、塾で勉強してどうこうできるレベルではございません。
    もともとの頭の良さと不断の努力がなければ、ついていけるレベルではございませんし、当塾で習えば自動的に好成績になるわけでもございません。





    成績アップの実例

中1最初の中間テストが悪かった
(200点満点の54点)と言って
6月初旬に
短期講習から参加された
大濠中1のAくんは
6月末の期末テストで
200点満点の101点に成績アップ。
次の中間テストで106点へ。
クラスの平均点はどんどん下がっている中で
がんばっています。

体験談 大濠中学校の英語で入学当初から大変苦労しました。お母様談

  • 大濠中学校は、授業の進度がとても速く、小学校時代に英語を学んでいなかった娘は、入学当初から大変苦労しました。一年間成績が振るわず、このままでは取り返しがつかなくなる、との焦りで、以前から評判を耳にしていた薬院英語教室でお世話になることにしました。
    塾では、宿題として、家庭からもネットドリルで練習することが義務づけられ、徹底した反復学習をすることで、文法を確実に身に付けることができます。
  • 先生のご指導のお陰で、中学校の小テスト、定期テストの成績が大きく上昇しました。娘にとっては憂鬱だった学校の英語授業も、今では自信がついて、楽しく受講しているようです。
    先生には親子共に感謝の気持ちで一杯です。今後とも、よろしくお願い致します。
  • ご本人談

    私は小学生の頃、英語の学習をろくにしたことがありませんでしたが、大濠中の入学者説明会で、「基本からしっかりサポートします」と教科担当の先生がたから説明を受けたことで、安心してしまったのです。
    こうして、英語の予習もまったくしていない状態で、大濠中の英語の授業がスタートしてしまいました。
  • しかし、大濠中の学習スピードは本当に速く、ハイレベルな内容でした。ニュートレジャーとシリウスというテキストとワークを使いながら授業が進められるのですが、この2つの教材が難度がとても高く、これらを使って、中2の段階でもう中学内容をすべて終わらせます。
  • 私は、大濠中のこのすさまじい進度と、非常に高いレベルについていけませんでした。中1の間は、ある塾に通っていたのですが、そこでは上のような教材は扱ってもらえず、成績は伸び悩みました。
    そして、中2の1学期末にとうとう赤点を取ってしまいました。
    これで危機感を持った私は、父がネットで見つけてくれた薬院英語教室の夏期講習に参加することにしました。
    中2の夏に20時間以上この塾に通い、先生に基本からみっちり教わりました。あわせて、ネットドリルで先生から出していただく宿題も、毎日繰り返してやりました。
  • 教室では、CNNのニュースや、好きな日本のマンガを英語で電子辞書を使いながら読んだりもして、楽しく学習できました。
    こうして、少しずつ英語を理解できるようになりました。
    中3の今は、平均点以上が取れるようになり、先生のご指導のおかげだと、心から感謝しています。

    これからも努力を重ねて行きたいです。


体験談 大濠中学校の英語のスピードはすごく速いです。

  • 私は小学生の頃、英語をきちんと勉強したことがなく、入学後の英語の勉強についていけるかどうかとても心配でした。しかし中学入学前にこの塾に出会い、先生の指導を受けることができたおかげで、中2になってから、校外学力試験で英語学年1位を取ることができ、中2のうちに英検2級にも合格できました。
  • 塾では様々な教材で予習をしたり、リスニングをしたりすることができます。また、ネットドリルがあるため、家でも勉強をすることができてとても便利です。
  • 私の通っている大濠中学校は英語A、英語B、OC(オーラルコミュニケーション)の三つに分かれており、英語Aは週に四回、英語Bは二回、OCは一回あります。
    OCではネイティブの先生がコミュニケーションの指導をしてくださいます。
  • 英語A、英語Bの指導方法は、学年によって少しずつ異なりますが、どの学年にも共通しているのは、スピードが速いということです。そのため、予習、復習がとても重要になります。ついていけなくなってしまうと、一気に置いて行かれてしまい、定期考査で20点以下を取ってしまうひともけっこう出ます。
    早いうちから勉強を始めたほうが良いかもしれません。私もさらに努力していこうと思います!

体験談 よく理解して勉強する姿勢が身に付きました。

  • 娘の小学校では、低学年から英語の授業があったのですが、客観的に見ても、早くから勉強しているわりに、成果が上がっているようには見えませんでした。
    小学校卒業後の春休みに、娘に問題集をさせても、実力があるどころか、覚えるべき基礎も覚えていないし、何度も同じ間違いを繰り返すといったようすでした。
    その頃に、大濠中学は市内でも非常に厳しいカリキュラムだと大濠に通うことになった他の親御さん達から噂を聞くようになり、不安が大きくなっていきました。
  • 娘はのんびりした性格で、気にも留めていない様子に、更に私の不安は掻き立てられました。それで、この子の性格的にも学校の授業だけではすぐに置いていかれるのが目に見えており、人任せではありますが、厳しく指導していただけるような塾はないかと探しておりました。
  • いくつかの塾が見つかりましたが、どの塾もあまり大差がない印象でした。その中でも、最後に確認した、この教室の方針や、各学校に対しての細やかな分析や対策を見た瞬間に、ここかも!と直感しました。そして何よりも、先生のホームページでの書き込みに勇気づけられる思いでした。色んな意味で、自立心に欠ける娘にはぴったりだと思い、入学前からお世話になることにしました。
  • 通い始めてわずか数回目の面談時に、先生からお宅のお子様は何回も同じ間違いを繰り返すし、しっかりとした復習をしていません、なので、更にしっかりと厳しく指導しますからお任せ下さいと力強く仰っていただいたときに、娘の一番の欠点を早速見抜き、更に怒ったり呆れたりすることもなく、任せなさい! 必ず成績は上がるからと仰るお言葉に、ここに来てよかったと心から思いました。
  • そこからの厳しい指導のお陰で、短期間で成果が現れ、入学後のテストでは、毎回限りなく満点に近い点が取れるようになるまで成長した姿を見て、やはり間違いはなかったと実感しています。
  • この教室の一番の特徴は、各個人の性格を見抜き、個人に合わせた教え方で力を引き出し、伸ばすところではないかと思います。これからも、先生の厳しい指導に負けないようにしっかりと頑張って行って欲しいと思っています。
  • 先生コメント 
    とても勤勉な生徒さんで、宿題のインターネットドリルでの学習も毎日欠かさずにされています。実力テストでは、英語で学年1位も何回か取れ、中1の3月で英検準2級、中3で2級に合格するほどに力がつきました。
    福大大濠中の英語が難しいとは言え、きちんと宿題をこなしていく姿勢があれば何も心配はいりません。特に当塾が特許取得しているインターネットドリルは成績アップに劇的な効果を発揮します。
    福大大濠中ほかの私立中進学でいろいろ不安をお持ちの方は、中1英語入門コースにご参加ください。このコースからスタートした方は、学年トップやクラストップがたくさん出ております。早めのスタートが今後の学習に多大な影響を与えます。


バナースペース



薬院英語教室

〒810-0022
福岡市中央区薬院2−1−8リアン薬院4F


地図

TEL
092-726-2351

営業
火曜から金曜の夕方 (変更あり)
おいでの方は必ず事前にご予約ください。

授業時間以外はエレベータが停止しております。
sitemap






ウインドウズ(win8以上はデスクトップモードのみ)で、インターネットエクスプローラでしか動きません。