本文へスキップ

福岡市中央区の学習塾、英語専門塾、薬院英語教室

電話でのお問い合わせはTEL.092-726-2351

〒810-0022 福岡市中央区薬院2-1-8 リアン薬院4F

薬院英語教室

福岡大学 英語入試問題解説 2013年

空所補充文法問題



 問題
 かっこに入れるのに正しいものを選びなさい。

This exercise (   ) smoothly in your legs.

1. will help the blood flow
2. make flow the blood
3. lets the blood to flow
4. forced the blood flow
     (福岡大 2013年度出題)


 考え方
  • 【使役動詞(make, let, haveのみ)+目的語+原形不定詞】のパターンの問題は、入試で頻出です。
    上の問題も、選択肢のmakeやletを見た瞬間に、このパターンの出題ではなかろうかと、予想できますね。
  • では、原形不定詞がくるおもな3パターンを、黒板にまとめてみます。

  • 使役動詞の中で、make, let, haveの3つのみが、原形不定詞がくるこのパターンを取ります。
  • 使役の意味を持つ他の動詞でも、getやforceの場合は、原形不定詞ではなく、to不定詞となりますので、気をつけましょう。






          選択肢の検討

    では選択肢を検討していきましょう。
  • 2だと、【目的語+原形不定詞】の語順が逆になっており、
    makes the blood flowなら正解でした。
  • 3だと、使役動詞letですので、原形不定詞にするために、toを取る必要があります。
  • 4だと、forceの場合は、to不定詞となりますので
    forced the blood to flowなら、正解でした。
  • 残った1が正解のようですが、ここでhelpの使い方のパターンを黒板にまとめておきます。



    helpは、
    【動詞help+目的語+(to)+動詞の原形】の形で、「〜が…するのを助ける」という意味になります。
    helpの場合は、toを省略してもいいので、動詞の原形が続いてもかまいません。
    「toを省略できる」という点に気をつけましょう。
  • また、この文が、入試で狙われやすい物主構文である点にも留意してください。
    整序英作文は、物主構文で出題されることが多く、入試で頻出です。

   
 正解

1
This exercise will help the blood flow smoothly in your legs.
<直訳>この運動は、血液があなたの脚をスムーズに流れるのを助けてくれるでしょう。
<意訳>この運動をすると、血液があなたの脚をスムーズに流れるようになるでしょう。 

information

薬院英語教室

〒810-0022
福岡市中央区薬院2-1-8 リアン薬院4F  地図
営業 火曜から金曜の夕方 変更あり
TEL.092-726-2351
sitemap


おいでの方は必ず事前ご予約お願いします。
授業時間以外は閉まっております。









地図・アクセス方法
質問コーナー 
福岡の私立中英語情報
英語教材いろいろ